子どもを育てたい方のための総合情報サイト

>

教育費は減らせる!新時代の学び方

自己肯定感を高める!理想の幼児教育

幼児教育において大切なのは、子どものそばで一緒に過ごすということです。
子どもが興味を持って取り組んでいることに対して応援し、達成したら褒めてあげましょう。
それが自信につながり、また新たな挑戦、そして発見、創造につながります。
これらのために、特別な費用は必要ありません。

ですが時間のない親御さんは保育園や幼稚園に子どもを預けることになるでしょう。
保育園は児童福祉施設で、0歳から入れることができます。
保育園の費用は世帯所得、自治体の基準、子どもの年齢、預ける時間などによって大きく変わります。
児童一人当たりの月額保育料の相場は約2万円です。

幼稚園は教育施設で、3歳になった春から入れることができます。
費用の相場は公立だと年額約22万円、私立だと年額約50万円です。
公立の幼稚園は少ないため私立に入れる家庭が多いですが、地域によっては自治体の補助金や2人目は半額、3人目は無料になる等の制度があります。

幼児教育の補助としての習い事

ある程度子どもが成長したら、習い事をやらせてみる親御さんはとても多いです。
好きなことに没頭することによる子どもの上達は驚くほど早いです。
各種の習い事にかかる費用はどれほど違うのでしょうか。

費用があまりかからないのは習字で、月額約2000円から習うことができます。
道具を一式そろえるのに約5000円かかりますが、負担が少ないです。
サッカーは週一回だと月額約3000円で、ユニフォームやボール等は約15000円で購入できます。
水泳は週一回だと月額約5000円で、水着、ゴーグル等は5000円で購入できます。
英会話は月額約1万円前後ですが、高価な教材の購入を要求される場合もあります。
ピアノは週一回のレッスンで月額約一万円前後ですが、ピアノの購入が必要です。
電子ピアノだと約30万円、アップライトピアノだと約50万円、グランドピアノだと約100万円です。
中古だともう少し安く購入することができます。


この記事をシェアする