子どもにかかる「教育費」相場はいくら?

子どもを育てたい方のための総合情報サイト

教育費は減らせる!新時代の学び方

子どもの脳は3歳までに約80%が完成すると言われており、幼児教育は子育ての中でも最も重要なプロセスと言っても過言ではありません。 だからと言って習い事や教材にお金をたくさんかければいいというわけではなく、お金がなくても理想の幼児教育を施すことは可能なのです。

義務教育期間における選択肢

「学校に行きたくない!」 小学校に入った自分の子どもにこう言われたとき、あなたならどうするでしょうか? 一昔前なら親は殴ってでも学校に行かせたかもしれません。 でも子どもは、学校でやっているほとんどは将来何の役にも立たないことに気づいています。 学校に行かない場合、他にどのような選択肢があるのでしょうか。

偏差値の高い高校、大学はもう古い!

偏差値とは従来の詰め込み教育にどれだけ従順かを示す値で、長い間日本の教育を支配してきました。 ですが、もう偏差値に縛られる必要はありません。 個性や才能を伸ばし自分の価値を高め、好きなことを仕事にすることで誰でも幸せになれるのです。 子どもが偏差値から解放されたとき、親の金銭的負担もグンと軽くなります。

子どもの長所を伸ばすための習い事選び

かつて子どもを一人育てるのには基本的な養育費に1000万円、教育費に1000万円、あわせて2000万円必要だと言われていました。
お金のない若者には目まいのする額ですが、テクノロジーが発展した現代において、コストを減らせる部分があります。
そう、教育費です。

インターネットの登場、発達によって知識や情報は手に入れるものではなく調べるものに変わりました。
もう従来のように学校に通わせたり、塾に行かせる必要はありません。
でもそれだと将来どうなるのか?
ちゃんと学校を出ないと就職できず、引きこもりになってしまうのではないのか?
それを防止するために重要なのが、幼児教育です。
子どもの本能的な能力を幼いうちから育てることで才能を伸ばし、自分の力で稼ぐことができるようになります。

そもそも会社に就職するという考え方自体、時代遅れになりつつあります。
だとすれば、会社に従順な労働者を養成する従来の学校に子どもを通わせるメリットはありません。
むしろ協調性にがんじがらめになった学校現場に身を置かせることは子供の個性や才能を潰し、将来的に無気力で無個性な何も生み出さない大人になってしまう危険もあります。
インターネットによって開かれた市場で必要なのは自分の希少価値を高め、自分にしか出来ない仕事を生み出していくことです。
そのために莫大な教育費は必要ありません。
インターネットを駆使すればハーバード大学の講義ですら無料で聴くことができ、何でも、いくらでも学べるのです。

せっかく自由に学べる場所があってサービスも充実している時代に、お金がないという理由で子育てを諦めるのは非常にもったいないです。
当サイトでは、変わりゆく子育てと、教育費の相場を調べてみました。